高校生でも取得できる資格一覧

高校在学中でも資格を取得することができる

多くの人が資格を取得するというのは大学生や社会人のすることだと思いがちです。
受験資格に高校卒業というのがあることが多いため、高校生は受験できないと思われてしまうのです。

しかし、世の中には高校在学中から取得可能な資格がたくさんあります。
資格を取得することで大学入試や就職試験で有利になるのはもちろんですが、勉強の仕方を身につけることもできます。

資格試験を受けるためには受験勉強が必要ですし、学校との両立が必要です。
計画を立てて勉強することや、苦手なものの克服方法というものが資格試験を通して学ぶことができ、これは日々の勉強にも役立ちます。
資格取得のための勉強をする中で興味のある分野ができれば、進路選択の際にも参考にすることができますし、新たな可能性を見出すことができます。

そこで、もしも余裕があるならば、ぜひ高校生のうちから資格試験に挑戦して見ましょう。
ここでは高校生から挑戦できる資格を紹介していきます。

高校生から挑戦できるデザイン系の資格

高校生から挑戦できるデザイン系の資格にインテリアコーディネーターがあります。
インテリアコーディネーターというのは、住環境を作る際に、快適なものにできるような提案やアドバイスを行うのが仕事です。
>>インテリアコーディネーターとは

最近ではリノベーションをしたり介護がしやすい家に改築したりすることも多く、ニーズが高まっている仕事ですし、人気の職業でもあります。
将来的にインテリア業界や建築業界に進みたいと思っている場合には取得しておいて損のない資格です。

デザイン系でもう一つ取得できるのがカラーコーディネーターです。
カラーコーディネーターはファッションやインテリア、Webデザインなどをはじめ、幅広い分野で活用できる資格です。
色彩や配色の勉強をすることで、仕事の際にセンスの良いデザインを作れるのはもちろんですが、日常でも役立ちます。

オシャレに興味があったり、インテリアに興味があったりする人は資格の勉強でありながら楽しく勉強することができます。
仕事に役立つのはもちろんですが、日常生活でも大いに役立つ資格です。

お金に関する資格

お金に関する資格は持っておいて損はありません。
どのような会社に就職してもお金を扱う部署がありますし、自分自身の金銭感覚を身につけたり将来的なマネープランを立てたりするのにとても有効です。

会社の経営で必要な簿記の資格は高校生でも取得できます。
資格があれば未経験でも企業の経理事務として雇用してもらうことができるので、転職や再就職でも役立つはずです。

お金に関する資格で最高峰とされている公認会計士の資格も高校生で取得できます。
受験資格で年齢が限定されていないため高校生のうちから受験ができ、実際に高校生でも合格をしたという人もいます。
また、実際の求人情報を見てみると、アルバイトでの募集も多数あるので、社会人経験を積むこともできますし、その経験は就職活動で大きなメリットになるでしょう。
>>会計士の求人情報サイト【会計求人プラス】

ただ、お金についての知識というのは学校で学ぶものではないので、予備知識が必要です。
そのため、ステップアップのために簿記の資格を取得して基礎知識を身につけてから公認会計士に挑戦するというように段階を踏んで受験する人も多くいます。